ヘブル語からキリストを証しする

ヘブル語で聖書を学ぶ大切さ、素晴らしさ、楽しさが伝わりますように💝

アレフベート♬7⃣【י】「ユッド」   そして・・・❣

【שָׁלוֹם】シャローム

今日はヘブル語から聖句をご紹介します。

【יְהִי אוֹר】イェヒ・オール」〈光あれ
創世記1章3節

「神は「光あれ」と言われた。すると光があった」

この全文は…

【וַיּאמֶר אֱלֹהִים יְהִי אוֹר וַיְהִי־אוֹר】
(ヘブル語は右から読みで♬)
「ヴァ・ヨメル・エロヒィム・イェヒ・オール・ヴァ・
イェヒ ̄オール」

天地創造のとても有名な箇所ですね。

この光オール太陽の光とは違い、
『神の栄光』『シャカイナ・グローリー』の光でした。

まだ太陽のはないのです。1章14節で造られました。

まず『神の栄光』「ことば」で光り輝かせたのでした
ヨハネ1:1〉

そして、使徒パウロⅡコリント4:6で、以下のように解釈して
記しています。

ここはギリシャ語で...
『ホティ ホ セオス ホ エイポーン エク スコトゥース
フォース ラムプセイ』

「「光が、やみの中から輝き出よ」と言われた神は、…」

パウロ創世記 1:3のみことばをそのままではなく、
解釈して語っています。
特に、「やみの中から光が輝き出よ」というのは、
神はすでにあった光を、やみの中から呼び出しているからです。
これは神がことばをもって命令したことによって、
そのときはじめて光が創造されたのではないことを示しています。

そして、3節の光は「秩序」であるということです。

何故なら、関わり性を持った「混沌、やみ」=「無秩序」から

「かかわりの秩序」をまず創造されたことは、

『神の視点』からまことにふさわしいことであり、
御旨にかなったことです。

このオール」は、かかわりの命をもたらす
『愛の光=キリストの福音』

という、私たちにとのかかわりを与える
「いのちの光」だといって間違いないでしょう。

はこれを見て「キー・トーヴ」=「良しとされた」
と表現されました。

さらに、この【כִּ־טוֹב】「キー・トーヴ」
「神の感動」
を表す表現なのです。

~~~~~~~
恐らく、ひとつひとつを検証し始めれば、
違う解釈や言葉の違いで異論があるかもしれません。
でも!神様は【כִּ־טוֹב】「キー・トーヴ」な世界を
創造されたのは事実です。
そして聖書によれば、その良しとされた世界に向かって
今の混沌とした世界は進められていくでしょう。
神のご計画を信じて、素晴らしい天と地神と共に住まえるよう、
希望を持って信仰生活を送ろうではありませんか✨

アーメン、ハレルヤ!✨💕

f:id:minikoron:20170721115115j:plain

この光「オール」についてはさらに深く学ぶ必要がありますが、
機会ができ、ブログに載せることができることを祈ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



さて、文字の学びに戻ります♬

【י】「ユッド」です。
f:id:minikoron:20170721133642j:plain

このユッドもとても大切な意味が多くありますので、

ひとつひとつの意味をできるだけ覚えてくださいね。

句読点のように小さいですが、立派な文字なのです

では...


《数字》…10

《語源》…二の腕から指までの手【יָד】「ヤード」の形
《意味》…神の手➡力。
       すべての文字に含まれる文字。
     一点一画の「一点」
     10は完成を表す。
     もっとも小さい文字⇒謙遜
     種(大木)、男性。
     神の膨大なデータが一人の人の中に凝縮➡イェシュア
     単語の右側につけると未来形、
     左につけると神の所有を表す。
     「十分の一献金」のルーツ➡全てが神の御手
     かかっているという信仰の表現

1~10アレフから「ユッド」までが基本要素
これ以降は1~10の組み合わせ

神の御手(ユッド)が解らないと先へは進めない。」
と言うメッセージが含まれています。



【י】ユッドは一番小さな文字ですが、
最も大きな意味があり、

神の御手をも表し、このユッドの意味をよく理解することを

神様は求めておられることがわかります。

ユッドについては他の文字よりもさらに理解が深まりますように。

祈っております。。。✨
だからといって、聖書の中でそのようなことが
分かるように書かれてはいません。
だからこそ小さな「ユッド」=謙遜な文字について、
私たち自身一人一人が
汲み取る必要があるのかもしれません。
パウロ『見えないものに目を注ぎます』
と言っておられますね。。。
Ⅱコリント4:18
「わたしたちは見えるものではなく、
見えないものに目を注ぎます。
見えるものは過ぎ去りますが、
見えないものは永遠に存続するからです。」


f:id:minikoron:20170721135310j:plain ☜ユッド  遠い目・・・👀




そして今回は少し、
־ְ半母音「シェヴァについて説明します。

これは母音が無いという記号「無母音」の意味なのですが、
実際は「エ」「ウ」に近い発音のために、
「半母音」《シェヴァと表しています。

基本的には最初の文字シェヴァが付けば「エ」

他の場所に付いたら「ウ」に近い発音になります。
※この発音はとても重要なことなので、特に覚えてください❣

例えば【בְּרֵאשִׁית】べレシート」⇒〈はじめに

一文字目の「ベート」の下に縦二つの〈点・〉が付いていますね。

最初の文字についているから。。。「エ」と考えて、

更にこれにはダゲッシュが付いているので「ベ」になります。



そして。【אַבְרָהָם】
アヴラーハーム」⇒〈アブラハム

これは2文字目にシェヴァがあるので「ウ」と考えて、
「ヴ」になるということです
以上シェヴァ》「半母音」の説明でした
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さーらーにー!

👆の「ヴェート」にあった〈・〉ダゲッシュといいますが、
これも発音が変わる記号です。

ダゲッシュの付く対象文字
〈付かない場合の発音例〉
【ב】ヴェート」⇒【טוֹב】トーヴ」〈良い〉
【כ】ハフ」⇒【זָכָר】「ザーハール」〈男性〉

【פ】フェー」⇒【תְּפִלָּה】「テフィッラー」〈祈り〉
です。これらの文字にダゲッシュ点が付くと、発音が変化します。

         👇    👇    👇
【בּ】ベート」⇒【בָּרָא】「バーラー」〈創造した〉

【כּ】カフ」⇒【כֶּסֶף】「ケセフ」〈銀〉
【פּ】ペー」⇒【פֶּתַח】「ペタフ」〈戸、門〉

ってなります。
上の3つと下の3つの発音表記よく比較・確認してください。

そして【ש】の文字には右上か左上について

発音が変わるのですが、「シン」or「スィン」
この場合にはダゲッシュと呼ばれていません。

働きとしては同じなのですが。。。。謎ww




さて、だんだんとごちゃごちゃしてきましたね💦💦

大丈夫でしょうか(;´Д`)

ここで挫折してしまうと勿体ないので、

なんとか《忍耐》してください❣❣

また、繰り返しお伝えしていきますので、

きっと覚えられると信じています❣❣☜[自分にも言ってる]


今回は「ユッド」がとても重要でしたのでひとつにしました。

次回、「ハフ」と「カフ」「カフソフィート」になる予定です✨