ヘブル語からキリストを証しする

ヘブル語で聖書を学ぶ大切さ、素晴らしさ、楽しさが伝わりますように💝

なぜ、私たちはヘブル語を学ぶ必要が あるのでしょうか?№2

注[※部分的に間違いがありましたので、削除し、編集してあります。
   申し訳ございません。]

ヒントとなるみことばが、
ゼパニヤ書 3 章 9 節に示されています。


【新改訳】
そのとき、わたしは、
国々の⺠のくちびる変えてきよくする
彼らはみな【主】の御名によって祈り、
⼀つになって主に仕える。
【⼝語訳】
その時わたしはもろもろの⺠に
清きくちびるを与え

すべて彼らに主の名を呼ばせ、
⼼を⼀つにして主に仕えさせる。
【新共同訳】
その後、わたしは諸国の⺠に清い唇を与える
彼らは皆、
主の名を唱え⼀つとなって主に仕える。

 
ヘブル語では...
ヴェルーラー、   サーファー 、     アンミームエル、
きよい)     (くちびる(⾔語))   (諸国の⺠のために

エフポーフ、        アーズ、    キー、
わたしは〜に変える)   (その時)    (というのは)

以上のように、翻訳のニュアンスは
微妙に異なっています。

「くちびる」「唇」と訳された「サーファー」は、
⾔葉」とか「⾔語」とも訳されます。

⼈間の⾔葉の概念は
神の概念と異なっているために、

神の⾔葉の概念が鮮明にされる必要があります。

わたしは、国々の⺠のくちびるを変えてきよくするとは、
そのことを意味しています。

つまり、諸国の⺠の⾔葉の概念を変え、
神の概念をより鮮明に、明瞭に理解させる必要
あるのです。

そのことによって、
諸国の⺠は主の御名を正しく理解し、

主に仕えることができるのです。

「そのとき、わたしは、
国々の⺠のくちびるを変えてきよくする。」

とはどういうことでしょう。

この聖書箇所は、
どの訳を⾒ても意味がはっきりしません。


しかし、次のように翻訳することができます。
「神である主は、諸国の⺠のために、
    (神が)選ばれた原語を明瞭にする
 
「明瞭にする」のは、
ここでは「わたし」と語っておられる神ご⾃⾝です。

神が選ばれたきよい原語とは
『ヘブル語』のこと
です。

f:id:minikoron:20170610181340j:plain
「イェシュア」と読みます。
注)ヘブル語は右から読みますよ♬

ゼパニヤ書は神の、⺠に対する神の怒りの書
⾔われています。

その神の怒りは、最終的には
「反キリスト」による⼤患難時代を通して
現わされます。

「そのとき」とは、「終わりの時」です。

つまり、神の世界の概念を
正しく理解させるために、
主ご⾃⾝が、諸国の⺠に選ばれたきよい⾔語、
すなわちヘブル語の⾔語を明瞭にするという
預⾔として理解が可能です。


ヘブル語のアルファベットの⽂字
ひとつひとつには
意味があります

たとえば、バーラル(בָּרַר)(きよくする)という
動詞を⾒ると、

最初のベート(ב)は「」を意味します。
ベートの⽂字は、「息⼦」を意味する
ベーン」(בָּן)
の頭⽂字です。
次の⽂字はレーシュ(ר)で、
かしら、最初」を意味します
レーシュ(ר)が 2 回続けばその意味は
強調されていると⾔えます。

神の「家」「息⼦」「かしら」ということから
連想されるのは、

神の息⼦である御⼦イエスです。

つまり、「バーラル」は、神のひとり息⼦である
御⼦イエスを啓⽰している⾔葉と⾔えます。
ここで「きよくする、純化する、選ぶ、
輝く、賢明にする」という意味を持つ
バーラル(בָּרַר)という動詞は、
御⼦イエスを指し⽰していると⾔えるのです。

ゼカリヤ書 9 章 12〜13 節
⾒てみましょう。


【新改訳】
12 望みを持つ捕らわれ⼈よ。とりでに帰れ。
わたしは、きょうもまた告げ知らせる。
わたしは⼆倍のものをあなたに返すと。

13 わたしはユダを曲げてわたしの⼸とし、
これにエフライムをつがえたのだ。
シオンよ。わたしはあなたの⼦らを奮い⽴たせる。
ヤワンはあなたの⼦らを攻めるが、
わたしはあなたを勇⼠の剣のようにする。

ゼカリヤ書 9 章は、メシアの初臨と再臨、
そしてイスラエルが⻑⼦としての権利
回復することが預⾔されている
きわめて重要な章です。

イスラエルはここでは
「望みを持つ捕らわれ⼈よ。」と呼びかけられ、

メシアが君臨される「とりでに帰れ」
語られます。

とりでとはエルサレムのことです。
そして全イスラエルは、
神の⻑⼦としての権利を回復されます。

そのことを聖書は⼆倍のものを帰す
と表現しています。
なぜなら、⻑⼦の権利
⼆倍の祝福」を受けることだからです。
そして主は、
「シオンよ。
わたしはあなたの⼦らを奮い⽴たせる。

ヤワンはあなたの⼦らを攻めるが、
わたしはあなたを勇⼠の剣のようにする。」

と呼びかけています。
●ここで出て来るヤワンということばは、
ギリシアのことを意味しています。

ギリシア⼈とは、ヘレニズムの⽂化をもった、
いわば、⼈間中⼼主義の世界観を象徴しています。
そのヤワンが「あなたの⼦らを攻める」とは、
ヘブライズム神中⼼主義の世界観
攻撃するということです。
しかし、神は

「わたしはあなたを勇⼠の剣のようにする」
と預⾔
しています。
------------------------
私たち異邦人信者は、神様が選ばれた民、
イスラエルユダヤ人)の回復を祈り、神様のご計画の通りに
聖書の御言葉に忠実に従っていくことも
使命としてあるのではないでしょうか。
旧約聖書の中のイスラエルはそのまま
イスラエルユダヤ人)のことです。
勝手に私たち、や異邦人信者、教会などと
置き換えて解釈しないように読みましょう。
神様は、
アブラハム、イサク、ヤコブの神
なのです。

聖書の読み方は、
「⼈間(自分)中⼼の読み方」ではなくて、
神様中⼼の読み方に変える
軌道修正」をしましょう。
これは聖書的に言うと「悔い改める」と言います。

イスラエルの国の復興と同時に、
ヘブル語が復興したことは、

終わりの⽇に向けた神の深遠なご計画意図が
隠されているのです。

👇《ハレルヤ!》(右からね💕)
f:id:minikoron:20170610180237j:plain