ヘブル語からキリストを証しする

ヘブル語で聖書を学ぶ大切さ、素晴らしさ、楽しさが伝わりますように💝

アレフベート♬4⃣【ה】「ヘー」と   母音記号(ニクダー)

シャローム❣❣【שָׁלוֹם】(^▽^)/f:id:minikoron:20170626170140j:plain
次は【ה】「ヘー」を学びま~す(o^―^o)
  【ה】「ヘー」
数字はですw

発音は「ハ・ヒ・フ・ヘ・ホ」の発音に使います。
♬ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♬
語源…窓の形、
    もしくは人がバンザイして
   「へー」と叫んでいる形。

意味…窓、見る、息、
     呼吸(神を呼吸する)→実存、適用
     定冠詞(譲渡、付与の前提)→与える
     動詞、名詞の語尾に付けると女性形になる。

♬ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♬

書き方はこの通りです。【ה】
必ず左上の角を「離して」
書きます。
くっ付けちゃうと、
【ח】「ヘット」と間違えてしまいます💦


「は行」の文字は3つあるのです。
まだご紹介はしていませんが、
【ח】「ヘット」【כ】「ハフ」です。

後者2つは「は行」ですが、
日本語にはない「喉音」(こうおん)という、
喉が擦れる独特の音を表します。
喉の奥に魚の骨が引っかかった時に
「カーッ」ってやるような感じです(笑)( ´艸`)
表記としてはkhで表します。

今回も【ה】「ヘー」母音記号「ニクダー」を付けて
「ハ・ヒ・フ・ヘ・ホ」を文字にしてみましょう
長母音表記で載せてみます)
今回は「長母音」を覚えます🎶

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【הָ  הִי  הוּ  הֵ  הוֹ】右から順番です
   「ハー・ヒー・フー・へー・ホー」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
長母音なので、伸ばします。
ひとつずつ見ていきましょう。

「ハー」には「カマツ・ガドール」が下に付きますw
【הָ】これで「ハー」発音です。
★2番目の「ヒー」は下の点「ヒリック」
【י】「ユッド」のセットで
【הִי】「ヒー」発音に。
「フー」【וּ】「ヴァヴ」『中』に付く点
 「ダゲッシュ」がついて「フー」発音。
「ヘー」は下に2つの点「ツェーレー」が付いて
【הֵ】「ヘー」発音。
 一緒に【י】「ユッド」を付けても「ヘー」です。
「ホー」【וֹ】「ヴァヴ」の上に点が付いて
 「ホラム・マーレー」と言います。
 「オー」発音になります。


ヘブル語はまず基本として、
22文字と5種類の母音記号が理解できれば読めます
と、どなたかが言っていました、( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

そして、言葉の最後に来る文字には母音が付かない時があります。
その場合には
【ב】「ベート」なら『ヴ』
【ג】「ギメル」なら『グ』
【ד】ダレットなら『ドゥ』
と、聞こえるかな、聞こえないかな、くらいな言い方です。
「シー!」って声が出ませんよね?例えるならそんな感じです

まったく発音しないのは・・・
【א】アレフ
【ה】「へー」
【ע】「アイン」です。

この3つが最後の文字になっていて、
母音記号が付いていなかったら基本
「無視」して良いですw

👇「ニクダー」『母音記号』
f:id:minikoron:20170626150848j:plain


ここで、練習に使える資料をお付けしておきます。
プリントアウトして学びのお供に使ってみてくださいね💕


f:id:minikoron:20170626154712j:plainf:id:minikoron:20170626154733j:plain


見ての通り、最長~最短まで、長さで変わることが分かりますが、
「最長」と「長」の区別はあまりありません
同じように「最短」と「短」の違いもあまりありません。

皆様の益となりますよう、祈りつつ・・・・・💕
f:id:minikoron:20170626233207j:plain
シャーブア・トー良い1週間を❣