ヘブル語からキリストを証しする

ヘブル語で聖書を学ぶ大切さ、素晴らしさ、楽しさが伝わりますように💝

אב『アーヴ』

         f:id:minikoron:20171020162208j:plain

 

初めての方は👇からどうぞ💕
「ヘブル語から聖書を読む」ことに 召された理由... - ヘブル語からキリストを証しする


アレフからは。。。👇です♬
ヘブル語の文字と読み方💕1⃣【א】 「アレフ」 - ヘブル語からキリストを証しする

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 これから、聖書の中の単語をなるべく詳細に

見ていきたいと思います。

おもに、基本的なことから、どういう仕組み?なのかという

観点からですと、

ヘブル語がどのように組み立てられているのか?

ちょっとオーバーかもしれませんが、

見たものから知っていくというイメージですね。

 

創世記1章1節読みと意味を見たい方は

👇こちらからどうぞ♬

 

minikoron.hatenablog.com

 

בְּרֵאשִׁית初めにレフから、それも

אבアレフ・ベート〕という文字で

いくつか調べてみましょう。

 

 

ひとつめ。

אָב=アーヴ父・先祖(父祖)・氏族・御父。

[名詞・男性]

「父」として出ている初出箇所は、

創世記44章19、20節、

『あなたさまは、しもべどもに、

あなたがたにや弟があるかとお尋ねになりました。
20:それで、私たちはあなたさまに、

『私たちには年老いと、年寄り子の末の弟がおります。

そしてその兄は死にました。

彼だけがその母に残されましたので、は彼を愛しています』

と申し上げました。』

 

〔ベレーシート〕⇒創世記

בראשית 44:19

:אֲדֹנִי שָׁאַל אֶת־עֲבָדָיו לֵאמֹר הֲיֵשׁ־לָכֶם אָב אוֹ־אָח

בראשית 44:20

וַנֹּאמֶר אֶל־אֲדֹנִי יֶשׁ־לָנוּ אָב זָקֵן וְיֶלֶד זְקֻנִים קָטָן וְאָחִיו מֵת וַיִּוָּתֵר הוּא לְבַדּוֹ לְאִמּוֹ וְאָבִיו אֲהֵבוֹ

 

初出箇所とは…その語彙が初めて出た箇所のことです。

この19、20節の中に「」が3回出てきています。

ただ、אָב(アーヴ)と出てくる箇所は

1番目と、2番目の「」です。

3番目にある「」は、

אָבִיוアーヴィーヴ

です。

☝これは、אָבアーヴ三人称単数・男性

接尾語がついた形で、「彼の父」という意味です。

 

☆ただしここの「」は、人間としての父のことです。 

 

*神を父として『御父』が出る初出箇所は、

申命記32章6節

『あなたがたはこのように【主】に恩を返すのか。愚かで知恵のない民よ。

 主はあなたを造ったではないか。主はあなたを造り上げ、

 あなたを堅く建てるのではないか。』

⬇️

申命記〔デヴァーリーム〕

דברים 32:6

הֲ־לַיְהוָה תִּגְמְלוּ־זֹאת עַם נָבָל וְלֹא חָכָם הֲלוֹא־הוּא אָבִיךָ קָּנֶךָ הוּא עָשְׂךָ וַיְכֹנְנֶךָ:

 ・ 赤い部分です。「アドナイ」יְהוָה

・ 紫が「あなたのアーヴィーハー

 

ここで初めて神様に対して

という表現をしています。

【主】のへブル語は

יהוהアドナイです。

ユダヤ人たちは神聖四文字を母音記号をつけずに

アドナイ『主』と読みます。

何故なら、主の御名をみだりに唱えないためです。

でないと、エホバと読んだりしてしまいますが、

これは聖書的ではありません 

 

もう1箇所…

イザヤ63章16節

『まことに、あなたは私たちのです。

たとい、アブラハムが私たちを知らず、イスラエルが私たちを認めなくても、

【主】よ、あなたは、私たちのです。

あなたの御名は、

とこしえから私たちの贖い主です。』

ישעה 63:16

כִּי־אַתָּה אָבִינוּ כִּי אַבְרָהָם לֹא יְדָעָנוּ וְיִשְׂרָאֵל לֹא יַכִּירָנוּ אַתָּה יְהוָה אָבִינוּ גֹּאֲלֵנוּ מֵעוֹלָם שְׁמֶךָ

 

イザヤ 64章8節

『しかし、【主】よ。

今、あなたは私たちの父です。

私たちは粘土で、あなたは私たちの陶器師です。私たちはみな、あなたの手で造られたものです。』

ישעה 64:7

וְעַתָּה יְהוָה אָבִינוּ אָתָּה אֲנַחְנוּ הַחֹמֶר וְאַתָּה יֹצְרֵנוּ וּמַעֲשֵׂה יָדְךָ כֻּלָּנוּ

אָבִינוּアーヴィーヌー

私たちの父

אָבִיアーヴィー

これはאָב接尾辞です。

[一人称単数]

~~~~~~~~~~~ 

2つ目。。。

אֲבִיアヴィー先祖。

[合成形]です。

 

初出箇所は、創世記4章20,21節

『アダはヤバルを産んだ。ヤバルは、家畜を飼い天幕に住む者の先祖となった。
4:21 その弟はユバルといい、竪琴や笛を奏でる者すべての先祖となった。』

בראשית 4:20〔ベレーシート〕

וַתֵּלֶד עָדָה אֶת־יָבָל הוּא הָיָה אֲבִי יֹשֵׁב אֹהֶל וּמִקְנֶה

 4:21

וְשֵׁם אָחִיו יוּבָל הוּא הָיָה אֲבִי כָּל־תֹּפֵשׂ כִּנּוֹר וְעוּגָב

 

~~~~~~~~~~ 

3つめ。。。

אֵב=エーヴ新緑・若芽[名詞・男性]

 

ここで、「ではない意味の紹介です。

初出箇所として、ヨブ記8章12節

 

『これは、まだ若芽のときには刈られないのに、

ほかの草に先立って枯れる。』

איוב 8:12〔イヨーヴ〕=ヨブ記

:עֹדֶנּוּ בְאִבּוֹ לֹא יִקָּטֵף וְלִפְנֵי כָל־חָצִיר יִיבָשׁ

בְאִבּוֹヴェイッボー前置詞+名詞+接尾辞

[3人称・単数・男性]

となっています。

 

∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻∻ 

ニクダー[母音記号]によって、読みが違い、

そして意味も違ってきます。

ですから、ニクダーのない文章があった場合、

どのように意味や読みを見極めるのかは、

前後の文脈によって判断します。

ニクダーが付いていた方が親切だとも言えますね。

 

 ★もう一ヶ所、雅歌6章11節に、新緑の意味で、

『私はくるみの木の庭へ下って行きました。

谷の新緑を見るために。

ぶどうの木が芽を出したか、

ざくろの花が咲いたかを見るために。』

 雅歌〔シール・ハッシーリーム〕

 6:11שִׁיר הַשִּׁירִים

אֶל־גִּנַּת אֱגוֹז יָרַדְתִּי לִרְאוֹת בְּאִבֵּי הַנָּחַל לִרְאוֹת הֲפָרְחָה הַגֶּפֶן הֵנֵצוּ הָרִמֹּנִים

בְּאִבֵּיベイッべー

[前置詞+名詞・複数・合成形]

※様々訂正致しました;;

 

 

いかがでしたでしょうか(^▽^)/

以前お話したように、ひとつの文字で多くの意味を持ち、

同じ文字の並びでも、違う意味となるヘブル語です。

とても興味深いですし、大変ですが

調べ甲斐があります

 

神様の緻密さと壮大なご計画を

そう簡単には理解できそうもありません。

改めて畏怖の念を感じずにはいられません。

 

次回の予定は、まだ決めていませんが、

その時々に、祈り求めてご紹介しますので、

これからもどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

 

f:id:minikoron:20170827182203j:plain