ヘブル語からキリストを証しする

ヘブル語で聖書を学ぶ大切さ、素晴らしさ、楽しさが伝わりますように💝

ホー‐シャナー!(ホサナ!)

シャーローム

f:id:minikoron:20171104121814j:plain

 

 

始めから見たい方は👇からどうぞ💕

「ヘブル語から聖書を読む」ことに 召された理由... - ヘブル語からキリストを証しする

 

アレフからは。。。👇です♬

ヘブル語の文字と読み方💕1⃣【א】 「アレフ」 - ヘブル語からキリストを証しする

 

 

今は「恵みの時代、救いの時」ですね。

そして将来何が起こるのか、聖書は

多くの箇所で『預言』をしています。

過去の出来事はそれによって、ことごとく

成就していることがわかっています。

ということは、将来の出来事も聖書に

書かれていることは100%成就するのです。

 

 

クリスチャンはこのことをしっかりと

信じて生きていく必要があります.

 

 

今回は神の選びの民

イスラエル民族』が将来どうなるのか、

みことばから解いてみようと思います。

ヘブル語の学びでもありますので、

完全な解き明かしとはなりませんが、

ご了承ください<m(__)m>

 

後日、まとまりそうでしたら

もう少し詳細をお出しできるかもしれません

 

簡単に説明しますと、

「教会時代(現在の恵みの時代)」は、

ペンテコステ(五旬節)(使徒2:1)から

「携挙」(空中再臨)(1テサ4:16∼17)までを言います。

「携挙」で、教会(1コリ15:3∼5を信じる者)は

この地上からいなくなります。

聖書でいう「教会」とは

「普遍的教会」のことで、

異邦人信者と、

メシアニックジュー(ユダヤ人信者)が

隔ての壁を取り壊し、ひとつとなって、

『キリストのからだ』が完成すると

「携挙」となるのですが、

携挙はいつ来るのか、誰にもわかりません。

『御父だけがご存知』です。

(マタイ24:36)

 

 

普遍的教会(エペソ2:11∼22)がすべて

第3の天に引き上げられると、

この地上世界(地球)は大きく変動し始めます。

 

イスラエルと反キリスト(サタン)が

7年間の契約締結(ダニエル9:27)をして、

7年間の患難時代が始まります。

 

そして後半の3年半は、反キリストが

この世を支配することになり、

エルサレムの神殿の上に偶像を置き、

それを拝むように命令し、従わない者たちを

皆殺しにし、多くの殉教者が出ます。

◆繰り返しますが、地上での出来事に、

 普遍的教会(クリスチャン)はいません。

 第3の天で、花婿なるイエス・キリスト

 7年間の結婚式の最中となるのです。

 クリスチャンは、キリストの恵みにより、

 守られるのです。

 

 

反キリストに従う者たちは「666」の刻印を

右手か額に押され、(黙示録13:16)

生き延びるのですが、

ユダヤ人を滅ぼすためにハルマゲドンに

集結することになります(黙示録16:14∼16)

 

 

反キリストと7年間の契約を結んだ

背教のユダヤ人は、3分の2が殺され、

(ゼカリヤ13:8、イザヤ28:14、ダニエル9:27)

3分の1の「残りの者たち(レムナント)」は、

ボツラの山に逃げ込みます。

(マタイ24:15∼16、イザヤ33:16、

 ミカ書12:2)

 

 

彼らは、出エジプトしたイスラエルの民たちが経験した、

「神の守り」を体験することになるでしょう。

荒野でモーセが岩を打つと、水がほとばしり、

命のパン「マナ」が天から降る...

旧約聖書を熟知したユダヤ人たちは、

それらのことを思い出すのです。

 

そしてメシア預言を思い、

イエス・キリストこそがメシアだった!と

『ホサナ!』と叫ぶのです。

 

 

詩篇118:25

『ああ、【主】よ。【どうぞ救ってください。】

ああ、【主】よ。どうぞ栄えさせてください。』

そして、王なるキリスト・イエス

ユダヤ人たちを助けるために

地上再臨されるのです。 

 

『ホサナ!』の聖句をヘブル語で・・・

 

詩編118:25

:אָנָּא יְהוָה הוֹשִׁיעָה נָא אָנָּא יְהוָה הַצְלִיחָה נָּא

(ヘブライ語は右から、カタカナは左からよんでね✨)

アーンナー アドナーイ 【ホーシーアー(ン)ナー】

アーンナー アドナーイ ハツリーハー(ン)ナー

 

 

細かく単語の説明をしてみます✨

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

אָנָּאアーンナー(神に対して)ああ。

これは、懇願、祈願を強調する単語です。

 

יְהוָהアドナーイ主よ。神聖4文字ですね。

 

הוֹשִׁיעָהホーシーアーどうぞ救ってください。

命令、単数、男性形+ה「ヘー」の形です。

の基本形は、

יָשַׁע⇒ヤーシャ⇒救う、助ける、勝利をもたらす、

栄えさせるなどの意味がある

動詞のヒフィル態です。

「救う者、救い主(名詞、男性)」は、

 מוֹשִׁיעַ⇒モーシーア、です。

エレミヤ14:8での「救い主よ、」は

מוֹשִׁיעוֹ⇒モーシーオー、となっています。

 

 

נָאナーさあ・どうか~してくれ。

間投詞、願望の不変化詞になります。

 

そして。。。

הַצְלִיחָהハツリーハー 栄えさせる、

  成し遂げる、成功させる、等。

 完了、3人称、単数、女性形。

 

これは基本形が、

צָלַח⇒ツァーラト⇒成し遂げる、成功させる、

 栄えさせる、という

動詞のヒフィル態の命令、単数、男性形に+ה

付いた単語になります。

 

なので、

『ああ、【主】よ。【どうぞ救ってください。】

ああ、【主】よ。どうぞ栄えさせてください。』

と、日本語で訳されています。

 

f:id:minikoron:20180421191810j:plain

 

この叫びを聞いて、イエス様が地上再臨されます。

 

神様のご計画の第一は、イスラエルの回復」です。

 

エス様はイスラエルのために敵と戦われ、

裁かれます。

 

ですから、敵の血で真っ赤に染まった

着てこられるのです。

(黙示録19章11~16節)

 

 

以前、ユダヤ人たちは、間違った意味で、

「ホサナ!」と

叫んだことがあるのを覚えていますか?

 

 

ヨハネによる福音書12章13節

『しゅろの木の枝を取って、

 出迎えのために出て行った。

そして大声で叫んだ。

「ホサナ。祝福あれ。

 主の御名によって来られる方に。

 イスラエルの王に。」』

f:id:minikoron:20180421194527j:plain

 「ホーシャ‐ナー!

 バールーフ ハッバー 

 ベシェーム アドナーイ」

 

 ろばに乗って来られた初臨のイエスに対して、

政治的な意味での「救い主」として、

ほめたたえ、叫びました。

 

ですが、本当に求めるべき時は、

現在よりも先の「7年間の患難時代」、

千年王国(メシア的王国)」が

始まる直前の「時」なのです。

 

 

そして、聖書にあるからといっても、

異邦人信者が言うべき言葉

そして神の選びの民「イスラエル人」

が言うべき言葉は区別されています。

では、異邦人信者、

今のクリスチャンはなんというべきでしょうか。

 

それは「主よ、来てください。」

という意味のアラム語である、

 

『マラナ・タ!』なのです。

(第1コリント16:22。)

f:id:minikoron:20171217000837j:plain

 

 

黙示録22:16~17

『わたし、イエスは使いを遣わし、

  諸教会のために以上のことを

 あなたがたに証しした。

 

わたしは、ダビデのひこばえ、

  その一族、輝く明けの明星である。」

 

“霊”と花嫁とが言う。

「来てください。」

これを聞く者も言うがよい、

  「来てください」と。

 

渇いている者は来るがよい。

  命の水が欲しい者は、

   価なしに飲むがよい。』

 

エス様は、

最後の最後まで、

私たちに、

福音を宣べ伝えておられるのです✨

 

 

アーメン❣

f:id:minikoron:20170803174353j:plain